2010年01月31日

『シャネル&ストラヴィンスキー』

『ココ・アヴァン・シャネル』では身分が低く愛人という立場にあった若き日のシャネルの恋愛を、『ココ・シャネル』では不動の地位を築いてからの晩年のシャネルが若き日を回想する物語を、それぞれ描いていましたが、この映画ではその間の時代にあたる成功を納めてからのシャネルが描かれています。ここでは今度はパトロンとして資金援助をする側になっています。

いやぁ、なんというか…面白かったけど濃かった(^_^;)
R−18だから?いや、それもありますけど(笑)、シャネルの別邸に後に愛人となるストラヴィンスキーが妻子と一緒に住むという状況がすごいですよね。一つ屋根の下ですから。
当然奥さんだって気付きます。でもパトロンであるシャネルにははっきりとは言えないわけで、シャネルと夫人の会話は緊張感ありましたー。静かな会話なのがかえって怖いです。

ストーリーは淡々としています。「bT」の香水の誕生とか「春の祭典」再演とかの2人のそれぞれの創作活動にも触れていますが、ほとんどは2人の恋愛が中心です。「春の祭典」再演のシーンが見たかったな。
シャネルが精神面で男性的なので、対比なのかストラヴィンスキーは精神的に女性っぽい印象を受けました。なよなよしている…というわけではないんですが、シャネルが何事もすっぱりきっぱりしているのに対して、彼が思い悩むシーンが多かったのでそう感じたのかもしれません。

アナ・ムグラリス演じるシャネルは実際にシャネルのモデルもしている女優だそうで、ちょっと線が細すぎるんじゃないかなーとは思いましたが、自立した強い女性であるシャネルを上手く演じていたんではないかと思います。強いシャネルのイメージにもぴったりでした。さすがイメージモデルだけあってシャネルスーツもドレスもどれも格好良かった!

あと見所はインテリアです。これはもっと細かく見せて欲しいぐらい素敵な部屋がたくさん出てきました。子供部屋とかシャネルの浴室とかオシャレだった〜。
メイドさんの服もシンプルですがセンス良くて襟元が可愛かったです(*^ー^)

これで3つのシャネル映画を観ました。あとは個人の好みになるかとは思いますが、私は最初に観た『ココ・アヴァン・シャネル』が一番好きかな。2番目がこれ、3番目が『ココ・シャネル』です。



あ、あと偶然に映画館で友人Uとばったり会いました。彼女は別のお友達と一緒だったので挨拶しかできなかったんですが。私より映画好きなのは知っていたけどまさか映画館で会うとは思わなかった〜。びっくり!
また今度お茶しようね!<私信

帰りに道をあるいていたら、でかでかリラックマがいたので思わず激写。
ひょこひょこ動いて可愛かった(*≧艸≦)
SN3G0039.JPG
ラベル:映画
posted by えびす at 14:49| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

『カティンの森』

第二次世界大戦中、ソ連の秘密警察によってポーランド軍将校が虐殺された「カティンの森事件」を、ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督が映画化した問題作。長い間明らかにされてこなかった同事件の真相を、ソ連の捕虜となった将校たちと、彼らの帰還を待ちわびる家族たちの姿を通して描く。(yahoo!映画より抜粋)


「ポーランドは第二次世界大戦中に独ソに侵攻され、その後もソ連の支配下におかれた」
そんなことを世界史でやったなぁぐらいの知識でした。1万人以上のポーランド将校が殺された「カティンの森事件」についても今回初めてその名前を知りました。
ポーランドという国はあっても実際はソ連の統制化にあるということの意味、恐ろしさについて私は表面上のことしか知らなかったんだということをこの映画で思い知らされました。

「カティンの森事件」の事実が正式に認められたのが約50年後の1990年ということなので、ようやく重い真実が映画化されたということなのでしょう。
全くの予備知識なく観たので部分的に難しいところもありましたが、そういう人にも分かりやすいように作ってあるとは感じました。(あとは単に私が役者の区別がつかなくて時々混乱していただけです…)
事件の惨劇が描かれるラストシーンは淡々と描写されていましたが、それが逆に目を覆いたくなるような真実味がありました。そして真っ暗な画面に音楽だけが響くラストから全くの無音のエンドロールへと続きます。この流れでまた一段と胸にくるものがありました。
大変重い映画でしたが見て良かったです。
posted by えびす at 14:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』

新年明けてからなかなか映画に行く機会が無かったんですが、ようやく行くことができました〜。

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』(2009年英米)

観て来ましたよー(*^ー^)ノ
美男美女な配役に、豪華絢爛な衣装やセットで画面が眩しかったですw
純粋に恋愛物として楽しむも良し、次々に出てくる豪華な衣装やセットを楽しむも良し、歴史物として楽しむも良し、そんな映画でしょうか。

ストーリーは若き日のヴィクトリア女王の恋愛を中心に描かれているので歴史物は苦手な人でも大丈夫です。逆に歴史に興味がある人にも、当時の政治情勢などが簡単ではありますが出てきますので、面白いんではないかと。
かくいう私も世界史が好きなんですが(といってももうかなり忘れ去ってますがー^^;)、ヴィクトリア女王時代ってあんまり世界史でやった覚えも無く詳しく知らなかったので、そういった面でも興味深く映画を観ることができました。

先に観ていた友人から「唐突に終わるよー」という感想を聞いていたんですが、確かに唐突に終わった(笑)
いきなり後日談→エンドロールな流れに(゜Д゜≡゜д゜)エッ!?とちょっとポカーンとしましたが、原題が『THE YOUNG VICTORIA』ということでホントに“若き日”だけを描いた作品ということですねー。
個人的にはもう少し統治についてや政治的なやり取りが見たかったかな。

ストーリ展開は割と淡々としていますが、2時間という時間を感じさせずに最後まで楽しんで観ることができました。
posted by えびす at 23:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

『パブリック・エネミーズ』

テニミュDVDが発売だぜー!渋谷まで行くついでにジョニデを堪能してくるぜー!!と『パブリック・エネミーズ』を観てきたわけですが、

…正直、イマイチな映画でした(ToT)

まず話が浅い、人物描写も浅い、なので主人公ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)に感情移入するポイントもないまま映画だけが勝手に進んでいく、という感じでした。ヒロインとの恋愛も安直というかいきなり過ぎるというか…。
あと捜査局側のパーヴィス捜査官ももっと掘り下げて欲しかったなぁ。
途中から割り切ってジョニー・デップ観賞に切り替えたよ(*^ー゜)b

映画の主人公であるジョン・デリンジャーはアメリカでは有名な人らしいですが、でも私は日本人、前知識が何もないまま観始めたので、
・1930年代の銀行は市民を苦しめていた
・捜査局(後のFBI)最初の“社会の敵”となった
・銀行からしか金を奪わないので民衆からは人気があった
これらの事も後からパンフレットを読んで知りました。銀行の金しか奪わないというのは映画の中でも描写されていたけど、他はそんなシーンあった?という感じで、メディアが騒いでいるのもただ単に銀行強盗して有名なだけかと思ってたよ。これは彼の伝記を知っているアメリカ人が見て初めて楽しめる映画なんじゃないですかねー。

あ、最後の方の捜査局の包囲網が狭まってくるあたりは、緊迫感があって面白かったです。
posted by えびす at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

『ジュリー&ジュリア』

久々に母と映画を観てきました。

『ジュリー&ジュリア』2009(米)

話は1949年のジュリア(メリル・ストリープ)が料理に目覚めレシピ本を出版するまでと、2004年(だったかな)にそのレシピ全てを365日で作ることに挑戦しブログでその様子を綴るジュリー(エイミー・アダムス)、この今昔の2人の話が交互に交差して進んで行きます。

とっても楽しい映画でした!楽しいストーリーに楽しい人物たち、館内からも何度も楽しそうなクスクス笑いがあちこちから漏れていました。

メリル・ストリープはやっぱり最高だと思う(>_<)ぴかぴか(新しい)背が高くて甲高く特徴的な話し方をするジュリアがすっごく可愛かった。あと実際の彼女はそんなに高くないんだろうけど、カメラワーク等で上手く映していたのか本当に高く見えました。このジュリア夫婦良かったなぁv

ジュリーを演じていたエイミー・アダムスはこの作品で初めて知ったんですが、飛びぬけて美人でも可愛くもないけど適度にキュートで実際にいそうな30歳の女性を演じていて、そこがまた好感が持てました。
美人すぎたら嘘臭くなっちゃうもんね。

最後の方でちょこっとだけ気になったのが、2004年にジュリーがレシピに挑戦していることを知ったジュリアがあまり良い印象を持たなかったくだりが出てくるんですが、結局あのままになっちゃったのかしら…。
どちらも実話からなるそうなので、全てが上手くいかないあたり現実味があるといえばそれまでですが。でもちょっと残念だったなぁ。ジュリーの熱意を知って欲しかったかも。


それにしても出てくる料理の数々、確かに美味しそうだけども、どれもこれもえらい高カロリーそう!なんだあのバターの量はあせあせ(飛び散る汗)
posted by えびす at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』

12日土曜日、夕方の飲み会まで時間が余っていたので観に行っちゃいました。
大人1人でジャンプ映画って恥ずかしいけど、行くかどうか結構迷ったけど(/ω\)
でも観たかったんだもん。「ワンピース」大好きなんだもん。原作者が総指揮って聞いたら気になるじゃないかー!!

…迷ったという割には事前にネットでチケットを確保し、しかも縦横真ん中の席が出るまで席指定をリロードし、あんた何なのそのやる気は!な勢いでした(笑)

で行って見たらチケット予約しておいて大正解な大混雑。チケットカウンターに並ぶ列でロビーはすり抜けるのも大変な人人人。結局私が観たお昼の時間帯にその日のチケットは全部完売しちゃったみたいです。
先着特典のワンピース0巻の威力もあったみたい。(私もしっかり特典貰ったぴかぴか(新しい)

アニメ映画ってことで子供がうるさい場内を覚悟して行ったんですが、入ってみたら子供少なー!中高生すら少なくほとんど大人。私みたいに1人で観に来ている人もちらほらいて安心しました。原作はもう10年以上になるんですよね。映画も10年目の10作目とかで、最初から読んでいるファンは大人になってますもんね。


で映画本編ですが、面白かったー!いやぁ王道ストーリーはやっぱり楽しい!!
敵役シキの所へ殴り込みに行く見せ場は燃えたグッド(上向き矢印)。映画ってことでなのか皆普段と違う衣装でスーツ姿の正装してるし!
今回はワンピには珍しくナミがヒロインヒロインしてました。でもただのヒロイン扱いじゃなく、ちゃんとナミもカッコ可愛いんだ。
あと変わった進化をした動物がたくさん出てきて、それを見ているのも楽しいんですが、あまりにいっぱいいすぎて目で追いきれなかったよー(>_<)
後でパンフレット読んで(買うつもり無かったのにしっかりパンフレット買ってるし(笑))知ったんですが、動物も全部原作者の尾田っちがデザインしたらしいです。ほんのちょっとしか出ない動物も多いのになんて贅沢な!

そうそう、竹中直人さんが敵役シキの声を担当していたんですが、やっぱり本当に演技の上手い俳優は声優やっても上手なんですね。ギャグもシリアスも色んな場面があるのに全然違和感なかったです。

2時間という時間よりもっと長くても良いくらいのぎっしり詰まったワンピース映画でした。
ぶっちゃけまた観たい…(>_<)



今ネットニュースを見てたら、このワンピ映画は東映の初日興行収入最高記録を樹立したらしいです。初日で4億円だって。すごい。

…でも昨日観た映画館は「全席完売」の割には空席がちらほら目立ってたんですが、これはネットで取ったけど来てない人がいっぱいいたのかしら。初日当日にチケット取れない人もいっぱいいたみたいなのに勿体無い(^_^;)
posted by えびす at 14:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

『ロフト.』

水曜日に『ロフト.』(2008ベルギー)という映画を観て来ました。

「08年にベルギーで大ヒットした密室を舞台にしたサスペンス。建築家のビンセント、その友人のマルニクス、ルク、精神科医のクリス、クリスの義弟のフィリップは、妻や恋人に隠れて新築マンション最上階にあるロフトルームを情事部屋として共有していた。ある日、ルクが部屋に入ると、ベッドに手錠をかけられ血まみれで死んでいる女がいた。慌てて部屋に集まった5人の男たちは、互いのアリバイを探りながら犯人探しを始めるが……。」【eiga.comより】


5人の男が共有するロフトで女性の死体が発見されるが、鍵は特殊な鍵で5人しか持っていない。5人とも無関係と主張するが…というミステリーの王道密室殺人事件!
ミステリー物は大好きなのでとても楽しみに観て来ました。
面白かったー!!
超常現象もおかしな名探偵(笑)もいない正統派ミステリーでした。ベルギー映画というのも初めて見る俳優ばかりで新鮮でした。
全部の謎が解けていくにつれ、あの人のあの行動にそんな意味がとか、アリバイ作りは「そうきたか!」とか、最後の最後まで楽しませてくれました。犯人はこいつかな予想は的中したんですが、それまでの過程はさすがに予想外でしたー。しっかり騙されちゃった。見終わってから思い返すと複線がちゃんとちりばめられてたんですけど、自然過ぎて気がつきませんでした(^o^)

東京では渋谷でしか上映していないみたいです。もっとあちこちで上映しても良さそうですけど…。確かにどちらかというと派手なミステリーではないからかなぁ。でもミステリ好きな人は楽しめる映画だと思います。


ラベル:ロフト.
posted by えびす at 22:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

『人生に乾杯!』

火曜日の会社帰りに観て来ました。

『人生に乾杯!』(2007ハンガリー)

良かったです!
観てる間何度もほんわかし、何度も涙がにじんじゃいました。そう、ハートウォーミング・ストーリーと紹介されてますが、私は何故か何度も涙が…(^_^;)

年金暮らしの81歳と70歳の老夫婦が主人公なんですが、年金だけではとても生活していけずに強盗を繰り返すストーリーです。こう書くと物騒ですが、老夫婦強盗なのでアクションはありません、というかお爺ちゃんは腰を痛めているので無理(笑)

展開も真っ直ぐというか、特別ひねったものではないけど、逆にまとまった感じで良かったです。老夫婦の絆や可愛い笑顔に自然とこちらも笑顔になっちゃうような映画でした。
心をほんわかさせたい人にはオススメです。


でこの映画、上映はもっと前にやっています。今頃どこで見たんだーという状態ですが、これまた素敵な映画館で観てきましたよ!!
“三軒茶屋中央”映画館です。
まさに「昭和」な映画館。ロビーにはストーブ+ヤカン、客席は赤の合皮シートに木の手すり、スクリーンなんて近くのお店の宣伝が金刺繍で入った赤い緞帳!!自分が昭和にタイムスリップしたみたい!と一回でファンになっちゃいました。
ロビーには火鉢が隅に置いてあったけど真冬にはあれも使うんだろうか(>_<)ぴかぴか(新しい)
トイレとかも昔ながらのトイレでして、頭上に水タンク(木箱)だわ洗面台は昔の高さでやたら低いわで、もういちいち感激してしまった(笑)
あ、古いですがどこもキレイで清潔なんです。それもまた大事にされている映画館というのが伝わってきて良かったですよ。

映画は2本立てのようです。1,300円と思ってたら2本目から観る人は1,000円で入れました。おぉーお得だ。2本で1,300円ってかなり安いですよねv 
今回は『扉をたたくひと』『人生に乾杯!』の2本で両方観たかったけど、さすがに会社からは1本目には間に合わないので2本目だけです。

観そびれた映画などまたここに観に行きたいです(*^_^*)
posted by えびす at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

2つのシャネル

10月30日に「ココ・アヴァン・シャネル」(仏)を、
11月4日に「ココ・シャネル」(伊仏米)を見てきました。

ネット批評や私の周囲で見た人の感想を聞くと、あっちが良いとか悪いとか人によって意見が分かれているみたいですが、私は「ココ・アヴァン・シャネル」の方が良かったです。当時の実際の身分の差による意識の違いをリアルに感じました。
「ココ・シャネル」の自分の力で切り開いていく姿勢も面白かったですけど、成功する過程も恋愛もいかにも出来すぎに作られたように思えてしまって…。
ただデザイナーとして活躍する場面は「ココ・シャネル」の方が良く描かれていました。「アヴァン・シャネル」は1人の女性の恋愛を描いていたせいか、その部分が少なかったかな。

またもう1本別のシャネル映画もあるようですし、色々見比べると面白いかもしれません。

P1040136.JPG P1040137.JPG
posted by えびす at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

『ナルニア国物語 第1章』

年末にDVD録画したままになっていた『ナルニア国物語 第1章』をようやく観ました。公開中に映画批評サイトであんまり良い評判を見なかったので、失敗作なのかしら…と思ってたらそんな事なかった。(「ロード…」に比べればそりゃあね。だってナルニアは原作が完全に児童文学だから展開もそっけないもの。)
観た友人達が「普通に面白かったよ」と言っていたけど、これならもっと早くに観れば良かったな。
4人の子供達が美形すぎず普通の子供なのが逆に良いなぁと思います。末っ子ルーシーのむくれた顔とか笑った顔とか子供っぽくて可愛い!
難点というか個人的に嫌だなと思ったのが動物(ビーバーとか)の仕種や笑い方。擬人化された動物キャラのような不自然さが気になりました。人間や動物が普通に動いている中、1部の動物だけが動きがアニメみたいで正直それだけが気持ち悪かったです。

『ナルニア国物語 第2章』は今年ですよね。楽しみになってきました。ナルニアは発行順に映画化してくれるのが嬉しいです。子供の頃に発行順で読んでタンスの謎とか街灯の謎が後々分かって感動したので。(ナルニアは発行順と物語年代順が違う)
マイラバーのネズミ騎士リーピチープが変なネズミにされてませんように…!
ラベル:第1章 ナルニア
posted by えびす at 15:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。