2006年02月03日

直木賞

会社帰りに本屋へ寄ったら東野圭吾『容疑者Xの献身』が山積になってました。
受賞前よりどっさり山になってた。さすがです。
表紙は以前からちょこちょこ眺めてたけど、
『ガリレオ』の湯川助教授が出てることを今日初めて知りました(^_^;)

読んでみたいけどハードカバーは買えません。
文庫落ちまで辛抱です。
せめて新書サイズだったら購入するんだけどなぁ。

今まで読んだ東野作品で好きなのは『宿命』と『天空の蜂』です。
甲乙付けがたく、どちらも同じ位好き。





posted by えびす at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

『ねじの回転』

年末に買ったままだった恩田陸『ねじの回転』をようやく読みました。
二二六事件を題材としたタイムスリップ物…というとSFに入るのかしら。
近未来の国連と彼らに協力を要請された当時の決起部隊の3人の軍人の話。

続きを読む
posted by えびす at 12:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。