2008年06月27日

塗り絵レベルを超えてる

久しぶりに動画サイトへ行ってあちこち適当に回っていたら、ナルト原作に海外ファンが色付けたという動画に行き当たりました。
す ご い !!
プロのイラストレーター が塗ったのかなとしか思えないものもある。ナルト愛されてるなぁ。作者は割とサラッとした色合いのカラーが多いような覚えがあるんですが、塗る人が違うとまた雰囲気も変わりますね。
Aの方はネタばれありらしいです。コミックスは第2部のサイ登場あたりまでしか読んでないので実はその後の展開は全然知らないんだけど見ちゃった…(^_^;)
暁もデイダラの後にも随分キャラ出てきてるんですねー。そしてイタチ兄ちゃんと自来也のそれぞれのエピソードが気になってきちゃったじゃない。

@ http://jp.youtube.com/watch?v=E9QZcMNEsFI

A http://jp.youtube.com/watch?v=YfZkA05xs_8 

ラベル:日記 動画 NARUTO
posted by えびす at 13:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

どこからこぼれてきた



京女だけでなく女子はみんなネチネチしている


唐突に昨日の昼からこの言葉が頭の中に降って沸いてきました。こんな一文がポロッと出てきた挙句に頭の中に居座っちゃってました。別に周囲にネチネチした人が居る訳でもなく、ホント唐突に(笑)
なんでこれなんだ。いや『銀魂』のヅラのセリフなのは覚えてんだけど、だからなんでこれなんだ。
しかもこいつ頭の隅からホントに離れねぇーー!ヅラぁーーー!!(逆ギレ)

どの回のどのシーンで言ったセリフなのかが妙に気になっちゃって帰宅するなり、速攻コミックスを確認したよ(…社会人)
1巻でした。第六訓でした。はースッキリ!!

でもなんでコレ?(しつこい)
ふっと出てくるならさぁ、もう少しさぁ、せめてカッコイイ決めセリフとかさぁ、マンガじゃなくて小説の一文とかさぁ…。


久しぶりに1巻を開いてみたらヅラの電波具合が大人しくてびっくりした。でも沖田は最初から沖田だった(笑)
ラベル:日記 銀魂
posted by えびす at 20:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

アニメ 『BACCANO!』

以前に録画したままだった『BACCANO!』というアニメを週末まとめて観ました。すっごい面白かった!ツボにストライクです。音楽からテンポから構成から時代(アル・カポネ時代だw)からめちゃくちゃ好み!
全13話なので短いんだけどそれが逆に良かった気が…いや本音言うともう少し話数あっても全然良いぐらい(>_<)。あ、あと声優も豪華で楽しかったです。『銀魂』に出てる人が多いw(…そしてギャップが(笑)ww)

1話目がいきなりエピローグから始まるので「?」なんですが、テンポが良くて分からないなりに引きこまれました。というか1周目全13話見ても話の流れについていけず2回目見てようやく話が繋がった。話どころか1周目はメイン以外の名前に付いてけなかっ…orz(イタリア人名は難しいよね…)。
1930年と1931年の2つの年の別々のストーリーが、時系列バラバラに人物視点もバラバラな構成で出てくるので、話数が進んでもなかなか繋がらないのですが、ちゃんと最後には上手く2つの年と2つの場所の登場人物たちが繋がってナルホドとなります。

書き始めたら長くなった…
posted by えびす at 13:42| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

もやしもんで【菌菌】

動画をうろうろ見てたらハマりました。
ちょっ、何コレ、何この可愛さ(≧◇≦)!
菌たちが踊ってる!!
 ↓
 【菌菌】『もやしもんで男女』を描かせて頂きました
  http://jp.youtube.com/watch?v=gYUU4xi0ji8


モノノ怪.verもあったよーww
 ↓
 「男女」って曲(ryが素敵なのでモノノ怪でもやってみた
  http://jp.youtube.com/watch?v=5pX2FLI_qkg


…でこのそもそもの元歌の『男女』の曲は一体何なのだろう(笑)
インパクトありすぎて耳から離れないよ。
posted by えびす at 23:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊 宝島社

遅ればせながら文庫版を読了。わざわざ上下に分ける程じゃないと思った文庫版。分冊したら薄いし文字もやたら大きいし何で上下?と思ってる人絶対多いよ(;´Д`)

本の体裁はともかくとして、内容はきれいにまとまっていて楽しめました!一気に読んだよ。トリックよりも容疑者達の心理を探っていくミステリーです。バチスタ手術をメインに病院の抱える問題や派閥抗争なども入っていますが専門的な部分も読みやすい。また完全な「嫌な奴」「ダメな奴」というのがいないのも好印象でした。みんなどこかで見せ場がある。読後感が良かったです。おすすめ本として親にも回してみました。

映画のメイン2人のキャストを先に写真で見ていたら原作だと全然違うじゃないか〜!映画は性別違うし外見良くなってるし。そこは原作に近づけた配役でやって欲しかった。原作読んで映画に行こうかと思ってたけど行かない方に傾いちゃいました…。白鳥が最悪な外見・印象・不快感を与える役人だけど頭だけは良いという設定を何故外しちゃったのかな。そこが面白い所だと思ってたので残念。
会話と限定された場所で進行していくので舞台劇でも面白そうだと思います。
ラベル:海堂尊 バチスタ
posted by えびす at 15:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

『聖☆おにいさん』 中村光 モーニングKC

書店の平積が気になってました。買っちゃった…でも面白かった!じわじわ笑いのツボが刺激されるよ。
日本(下界)でバカンス中のブッダとイエスというユニークな設定なのですが、Tシャツ(毎回ロゴが違うので注目)だし、アパートで同居だし、大家さんにビクビクしてるしどこがバカンスだ(笑)
女子高生の一言で21世紀目にしてモテ期到来?とか舞い上がっちゃうイエス。追い詰められたら仏スマイル発動なブッダ。
“新神像”な2人のプロマイドが欲しい。ブッダ男前。

彼らの逸話をネタにしてるのもちらほらあるので、詳しい人の方がより楽しめそうです。私もほとんど詳しくないので家に途中まである手塚○虫『ブッダ』でも読み返そうかしら。でもギャップが酷すぎる(笑)
1巻しか置いてなかったけど続き出てるのかと宣伝ページを見たら、2巻は2008年12月発売らしいです。ほぼ1年後―?
posted by えびす at 14:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

読みかけが3冊

昨夜、何か読む本はないかしらーと部屋の書棚を眺めていて、ふと年末に片付けたままの臨時本置場(別名:床積み上げタワー)を発掘してみたところ、読みかけの小説が3冊も出てきました。
あれもこれも読み途中でそのまま積み上げていたんだった…!
年始はのんびり読書三昧で知的なスタートを切ろうとほくそ笑んでいた事を思い出しました。たった今。遅い。

そんな訳でようやく昨夜は<貴志裕介『硝子のハンマー』>を読了。
弁護士と防犯コンサルタントの組み合わせが新鮮でした。現代らしい密室の謎解きで面白かったです。
他の読み途中物
  原寮『愚か者死すべし』
  法月綸太郎『生首に聞いてみろ』
『愚か者…』はようやく文庫化して大切に大切に寝る前に読んでたら、つい『そして夜は甦る』から再読しちゃって進んでいないという本末転倒ぶりです。
posted by えびす at 17:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

『Under the Rose(4)』

船戸明里 『Under the Rose(4)』 幻冬舎コミックス
好きなコミックスの続刊です。

新刊の帯のアオリ文句にこれは18禁ですかと焦りました。
だって、
“堕ちてしまえ”
“15歳の少年の罠に翻弄される伯爵家の家庭教師”
…て(笑)
うはははは!手に取りにくいよ!!
と笑いながら買ってきました。
でも内容は確かに帯の文句通りでした…。よ、予想以上に…。
思わず年齢制限あるようなコミックだったっけ?と確認しちゃったさ。

昼ドラ並みのドロ沼な展開になってきました。ドロドロもいいところだ。
もうここまで行くとある意味爽快です。
一体どこまで暗く重く救い難くなっていくのか。ハッピーエンドは難しそうです。
どうでもいいけど過去話のアンナがツンツン美少女!(本当にどうでもいい)

5男ライナス(1・2巻主役)はまだ可愛らしいもんだったんだ、としみじみしちゃいます。
次男ともなると裏性格も格が違うね…(怖)
1番大人しくて理知的で良い子が、実は1番S度が高いという…(眼鏡だし←腐女子的偏見)
長男アルも次男ウィルを行く裏性格だったらどうしよう。楽しい。

重苦しい展開の中のオアシスはちびっ子共です。
可愛いです。癒しですw
posted by えびす at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

初サイン会。

Kちゃんのお誘いで、いつものメンバー+Aさん(遠方からお疲れ様でした)でサイン会へ行って参りました!
『ウロボロスの純正音律』の著者の竹本健治先生と、
挿絵の喜国雅彦先生の合同サイン会(という言い方でいいのかな)です。

これが初サイン会体験ですよ。
私が行っていいのかしらーとドキドキでした。
緊張して変な汗いっぱいかいちゃったよ。
10月なのに暑いったら(笑)


:サイン会について:
会社面接でもこんなに固くならないだろう、というぐらい汗ダラダラで座っておりました。
(やだよそんな人)
初めてお会いした竹本先生は背が高くてダンディな方でした(>_<)
声もすっごい優しくて柔らかいんです。うぉおぅ!と余計に固まる私。
優しく話し掛けて下さったのに、しどろもどろな応答しかできなくてすみません…orz
喜国先生はマンガの中の自画像しか知らなかったのですが格好良かったです!
側にいらっしゃったのは奥様でしょうか。同じくマンガでしか知らなかったのですが、び…美人だった…(緊張しながらもチラチラ見てるし)


:会場について:
今回のサイン会で初めて吉祥寺にミステリー専門書店があるのを知りました。
マンションの1室なので小さな書店なのですが、
書店というよりも個人の書斎のような落ち着いた雰囲気がとっても素敵です。
他の作家さんのサイン本も置いてあって好きな方にはたまらない場所かと。

『TRICK+TRAP』
http://www7.plala.or.jp/trick-trap/


ちゃっかり他のサイン本も購入。
両腕を痛めてるの忘れていて、ちょっと帰りが辛かった(笑)
posted by えびす at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

『ハチミツとクローバー』H

はぐちゃんが大変なことに…!(>_<)

終わりに向かっている感のあるハチクロですが、
せつない終わりになりそうな予感でドキドキしてきました。
どうなっちゃうんだろう。
はぐちゃんもだけど花本先生も見てるとせつなくなってくる。

竹本くんはホントに良い子になったよ…。
うん、格好良い!

そして森田兄の傍にいる城山さんが好みです。


posted by えびす at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。