2011年09月27日

映画 『ミケランジェロの暗号』(2010年オーストリア)


20110927.jpg


あらすじ: ユダヤ人美術商の一家に代々伝わるミケランジェロの絵画をイタリアのムッソリーニに送り付け、優位な条約を結ぶ材料にしたいナチス・ドイツは絵画の強奪に成功するも、贋作であることが判明。
一方、本物の絵を隠した一家の息子ヴィクトールは、父親が遺した謎のメッセージを受け取っていて家族の命を守るためナチスと駆け引きをしようとするが……。
(yahoo!映画より)



これ面白かった!
Yahoo!映画の解説だと“サスペンス・ドラマ”“ 謎と緊張が連続する手に汗握る展開”ってあったからどんなドシリアスな話かと思っていたら(笑)
ナチスとユダヤというと、どうしても重苦しい題材が今までは多かっただけに、構えてしまう人もいるかと思うのですが、一見そんな雰囲気に見せつつも実際は明るく楽しめる映画です。

どんどんユダヤ人の画商一家が追い詰められていく過程で、「あぁ…これから悲惨な状態になっちゃうんだなぁ…」と観客をシリアスな雰囲気に持ち込んで行きつつ……「そうきたか!」でしたからね。
分かりやすいストーリーに登場人物。しっかりした起承転結。後味の良い終わり方。良い意味でとても映画らしい映画です。

邦題の『ミケランジェロの暗号』という程の大げさな謎ではないんですが、見所はそこではないんです。主人公とナチスとのやりとりが何といっても楽しい!コメディというほどお笑いには走っていないんですが、笑わせるタイミングが上手なんですよねー。


ちなみに原題は「MEIN BESTER FEIND」(私の最高の敵)というのですが、最後まで観ると意味が分かります。これってどちらにとっても「最高の敵」であるんだよなぁ。


ここのところ観た映画で個人的bPです。
なのに何で上映館がこんなに少ないんだよ〜!!
都内で1箇所しかやってないし…。もっとシネコンとかで上映して欲しい作品です。

タグ:映画
posted by えびす at 20:21| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へーーこれ映画館で観たんですか?って変な質問だわ 我ながら(笑)
最近映画ご無沙汰なんで、芸術の秋でいい映画みたいですね〜
でも、あんまり最近惹かれるのがない気がする

2010年てことは、DVDは出てるのかしら?
ちょっと今度探しに行ってみようかな〜^^
Posted by なつ at 2011年10月04日 17:43
>なつさん
映画館ですよ〜( `・∀・´)ノ
映画は割と好きなくせにDVDで観るとすぐに寝ちゃうので、
専ら映画館鑑賞派なのです(笑)

DVDはまだみたいですね。
そのうち出るかな…。

この映画の後は特に見たいのがかかってないので、
私も色々探し中です。
うーん、面白そうなのないかなー(´・ω・`)
Posted by えびす at 2011年10月06日 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227819189

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。