2011年02月02日

映画 『バーレスク』


解説: 歌手を夢見るヒロインがロサンゼルスのクラブで働き始め、次第にその才能を開花させていくサクセス・ストーリー。世界レベルの人気を誇るアーティスト、クリスティーナ・アギレラが映画初出演で主演に挑み、圧倒的なパフォーマンスで魅了する。ヒロインを雇うクラブのオーナー役に、『ふたりにクギづけ』以来約7年ぶりの映画出演となるシェール。世界のショウビズ界を代表するディーバの豪華共演に注目だ。

あらすじ: 歌手になる夢を追い掛けているアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、
セクシーなダンサーたちが毎夜ゴージャスなショーを繰り広げているロサンゼルスのバーレスク・クラブで働くことに。オーナーのテス(シェール)のもと、たぐいまれな歌唱力と傑出したダンスの才能を花開かせていくアリは人気者となり、クラブは盛況を極める。
(yahoo!映画より)



これも12月に観た映画。
感想遅くなっちゃった(・_・;)

割と良くある設定に展開だけど、好きなお約束映画タイプでしたv
あんまり沢山観てはいないけれどミュージカル映画は好きです!

途中まではなかなか展開が進まない気がして少々じれったかったのですが、
主人公が成功し始めた頃から急激に面白くなってきました。
やっぱりサクセス物は観ていて気持ちいいですね!
一気に盛り上がって終わるので、これぞ映画!って感じでスッキリと見終えることができます。

恋愛面でも焦らしてくれるのですが、こっちは展開がなかなか進まなくて逆に良かったと思いますw
気になっているのに素直になれないのが観ていて楽しかったですねー。

曲やダンスは全部好みでした。迫力!
サントラが欲しいかも!
ああいうナイトクラブ独特というのかな、セクシーかつカッコイイ歌とダンスと衣装って好きなんですよね(。-∀-)ニヒ♪
だからついついこの手の映画は観たくなっちゃうのだ。


主人公のボブヘアスタイルがめちゃくちゃ可愛いかったvvv


個人的好み 『シカゴ』>『バーレスク』>>>『NINE』

タグ:映画
posted by えびす at 20:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183823694

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。