2010年07月18日

徒長祭り大開催中


夏になり、太陽の角度が高くなり、そして冬にはしっかりと日があたっていた多肉棚にささやかにしか日が差さなくなり…

たっくさんの多肉がしっかり徒長してしまいましたー(ノ△T)


『白牡丹』がみょーーん。

P1050137.JPG

『千代田の松』もみょーーーん。

P1050138.JPG

『プロリフェラ』も夏前の引き締まった姿が見る影も無く…。

P1050145.JPG

遮光に強いと思っていたハオルチアもこの始末。これは『チャイナドレス』。
見事に真ん中が伸び上がっちゃって、まぁ。

P1050150.JPG

夏の蒸れが天敵かと思っていた多肉栽培、太陽の角度という意外な伏兵がおりました…あぁぁ…がっくり↓
せっかく何とか今まで姿崩れずにきていたのにーーー(/ω\)
写真で撮りきれないほど沢山の多肉が徒長しまくってます。
凹むわー。


あちこちで徒長祭りが始まってしまった中、なんとか頑張ってくれてるのもおります。

『シルバースター』はなんとか形を保ってくれてます。よしよし♪

P1050147.JPG

『ラウィー』は優秀!エケだから真っ先にダメかと覚悟していたのに。
ってかいい加減値札を取ってやれww

P1050146.JPG


徒長しまくっている多肉たちをなんとかしたいものの、外には置くスペースが殆どないので少ししか出せないし、このまま室内の日照不足の中で様子を見るしかなさそうです。
あぁ、広くて採光の良いベランダが欲しい〜〜〜!!

仕立て直しってしたことないんだけど、冬になったらできるかなぁ…。
水遣り回数を減らして少しでも徒長を食い止めたいところです。
ラベル:多肉
posted by えびす at 21:30| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あーどうしても、こうなっちゃいますね
うちも、絶対徒長してほしくないってのは、少々暑がってても、太陽のがんがん当たる特等席です(笑)
でも、陰になってるのは伸びてます;;


徒長したのをカットして仕立て直すのは、夏の終わりから早目の秋口がいいと、私は思ってます

冬間近にカットすると、寒くなる一方で、冬になるまでに根がでなかったりするから、
ちゃんと根の出ている状態で、冬を迎えるって方が、多肉にはストレスが少なくて、寒さにもやられる可能性が少なくなると思います

逆に真夏にカットすると、暑すぎて干からびたりもするし^^;;


Posted by なつ at 2010年07月21日 10:41
>なつさん
梅雨の長雨が心配で室内に入れていたのですが、
裏目に出ちゃいました。
外で雨ざらしだった方が今もかえって元気だったり^^;

仕立て直しは夏終わり〜秋口がいいんですね!
冬だと今度は寒すぎてそれはそれでストレスになっちゃうんですね。なるほど。
勉強になりました(*^□^*)
頑張って仕立て直し挑戦してみます!!

Posted by えびす at 2010年07月21日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。