2009年12月18日

『ジュリー&ジュリア』

久々に母と映画を観てきました。

『ジュリー&ジュリア』2009(米)

話は1949年のジュリア(メリル・ストリープ)が料理に目覚めレシピ本を出版するまでと、2004年(だったかな)にそのレシピ全てを365日で作ることに挑戦しブログでその様子を綴るジュリー(エイミー・アダムス)、この今昔の2人の話が交互に交差して進んで行きます。

とっても楽しい映画でした!楽しいストーリーに楽しい人物たち、館内からも何度も楽しそうなクスクス笑いがあちこちから漏れていました。

メリル・ストリープはやっぱり最高だと思う(>_<)ぴかぴか(新しい)背が高くて甲高く特徴的な話し方をするジュリアがすっごく可愛かった。あと実際の彼女はそんなに高くないんだろうけど、カメラワーク等で上手く映していたのか本当に高く見えました。このジュリア夫婦良かったなぁv

ジュリーを演じていたエイミー・アダムスはこの作品で初めて知ったんですが、飛びぬけて美人でも可愛くもないけど適度にキュートで実際にいそうな30歳の女性を演じていて、そこがまた好感が持てました。
美人すぎたら嘘臭くなっちゃうもんね。

最後の方でちょこっとだけ気になったのが、2004年にジュリーがレシピに挑戦していることを知ったジュリアがあまり良い印象を持たなかったくだりが出てくるんですが、結局あのままになっちゃったのかしら…。
どちらも実話からなるそうなので、全てが上手くいかないあたり現実味があるといえばそれまでですが。でもちょっと残念だったなぁ。ジュリーの熱意を知って欲しかったかも。


それにしても出てくる料理の数々、確かに美味しそうだけども、どれもこれもえらい高カロリーそう!なんだあのバターの量はあせあせ(飛び散る汗)
posted by えびす at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136061856

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。