2010年07月30日

『インセプション』



コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。(yahoo!映画より)



これ面白かったです!
予告を観たときは難しそうなので大丈夫かなぁと一抹の不安もありましたが、ちゃんと説明もしてくれますし、ストーリーについて行けました
難しいといえば難しい話なのですが(夢の中の各層での時間経過のタイミングとかリンクとか完全には理解しきれてません(笑))、びっくりな夢世界の映像や迫力のアクションシーンも満載なので、全然退屈しませんでした。むしろ2時間半があっという間。


映像が物凄いです。夢の中という世界なので本当になんでもあり。
折り畳まれる街とか、ゆっくり経過する時間とか、無重力状態とか、ただ映像的に凄いというだけじゃなく、ちゃんとストーリー上で意味がある流れで出てくる映像なので、そこがまた良かったです。
あとコブ(ディカプリオ)の過去の記憶の夢で出てくるエレベータが面白かった。私も夢の中であんな風に過去の記憶を移動できたらいいのにー。


渡辺謙も凄く重要な役だったので、それにもびっくり。
勝手にちょい役かと思ってました。ごめんなさい。最初から最後まで出ずっぱりだったし、存在感抜群でした!
かっこいい日本人役で大満足!!


チームを作って夢の中に潜っていくのですが、設計士や調合士などそれぞれの役割があってまたそれがスパイらしくて面白いんです。
ただアクションシーンではそれぞれの特技に応じた戦い方も観たかったかなー。
みんな軍隊みたいに普通に強いんだものw
当たりそうで弾に当たらないのは、これはもうお約束ですね(笑)


観る前は単なるスパイ物のアクション映画かと思っていたのですが、コブ(ディカプリオ)の妻とのエピソードもあり、思っていたより重くシリアスな映画でした。ですが、企業スパイというメインストーリーと合わさってそれが深みを与えていたと思います。


ラストはこれまた意味深な終わり方。そうくるか。
でも良い結果の方に取りたいですね、私は。

タグ:映画
posted by えびす at 20:41| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

またまた苔玉教室に行ってました!


暑いー暑いー!!!
毎日うだるような暑さが続いてますね。
私のいる神奈川県は最高33〜35度あたりらしいですが、もっと暑いという地域はどんななんだと考えると恐ろしいです。
この前もお天気お姉さんが「名古屋は38度です。場所によっては40度かも」と笑顔でさらりと恐ろしいことを言ってました。
人の体温越えてるよ!さらりと流してる場合じゃないよお姉さん!!


さて。こんな暑い日が続く中ですが週末に久々に苔玉作りに行ってまいりましたよ。
土曜の朝10時に大塚へ。道すがらなーんでこんな暑い時期に予約しちゃったかなぁ…とぼやきながら歩いておりました(笑)

教室は大塚駅近くにある古い地区センターみたいな場所で行われています。
この教室では毎回2つ苔玉を作ります。今回作ったのはこちら〜。


『ホワイトプリンセス』(モクセイ科)
ジャスミンの仲間で、白い良い香りの花がついてます。
蔓性なので横に伸びていて、なかなか面白い趣の苔玉になりました。

P1050221.JPG

『屋久島ショーマ』(タデ科) 手前のつぶつぶした花
『ミズヒキ』   (ユキノシタ科) 後ろの葉っぱ
の山野草の寄せ植え苔玉。
こじんまりとした可愛い仕上がりになりました。

P1050227.JPG


うんうん、涼しげで良いでないのー!(自画自賛)
今回で3回目の参加なんですが、今回の参加者では多分私が1番参加回数が少ない。
皆さんベテランさんばかりだったこともあり、あまりの不器用っぷりに先生に少し手伝ってもらいました(>д<)
いやホントにもう2本ぐらい手が欲しいですよ。もしくは長〜い指が欲しい。
土を丸めて植物を包み込むまではいいのですが、苔をはる段階になるとボロボロ落ちる落ちる。手で全体を押さえきれなくって。
先生に手伝ってもらうと苔がキレイにはれるわー。
きちんと硬く丸くなるし。
これが手伝ってもらった『ホワイトプリンセス』。
さすがの出来栄えです。

P1050223.JPG

もう1つの自分で作った方の寄せ植え苔玉は写真ではそこそこに見えてますが、実際近くで見ると苔はボロボロだわ歪んでるわと粗だらけです(笑)

ちなみに下の受け皿は先生の特注品だとかで、幾つかあったので1つ買わせてもらいましたvvv
瓦を半分に折りたたんで底穴が空けてある苔玉用の受け皿です。
素敵なのだーーーヽ(´∇`)ノ


苔玉の管理は、毎日帰ってから水に5分ほどザブンと浸けこむだけなのでとっても簡単です。
(夏場は本当は朝晩2回したほうがいいらしいんだけど、手抜きで夜1回だけにしちゃってます。でも元気だよ!)

P1050234.JPG

毎晩こんな感じで水浴び―。



苔玉ってお店で買おうとするとオシャレな受け皿とセットなこともあって、けっこういいお値段がするのですが、こういう教室だと安くできるのでおススメです(*^ー^)ノ
受け皿なんて100円ショップでそれっぽいの幾らでも手に入るしね。
この教室はねー、1回2個作ってさらに最後にお茶とちょっとしたスイーツも出るのですよーvv
ご年配の参加者が多いのですが、皆さん和気藹々としていて楽しい教室です。
タグ:苔玉
posted by えびす at 19:26| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

カラー『ブラックスター』


P1050115.JPG

P1050135.JPG


通販で買ったカラーの球根が花を咲かせています。品種名は『ブラックスター』っていうらしい。おおー何だかカッコイイ名前だ!!
今まで何となく赤色と黄色系統の花がベランダに多かったので、違う色も咲かせてみたくて思い切ってシックなブラックを選択してみました♪

咲いてみると黒っていうより実際は濃い赤紫色かな。でも球根が入っていたパッケージの写真はもっと真っ黒だったから環境で多少色も変わるのかも。でもこの色もシックで好きだv
1つの球根から3つ花が咲きました。


ちなみに届いたばかりの頃のカラーの球根がこちら。

P1040970.JPG

P1040969.JPG

上も下も同じようなツルンとした丸い球根。
何しろカラーの球根なんて初めて目にしたからどっちが上か分からなくてかなり困っちゃった。「上」って書いてあればいいのに(笑)
ネットであちこち調べて、多少ごつごつした突起のある方が上と分かってほっとしましたが。
この写真だと下の写真の方が上ですね。

確か5月ごろに植え込んで、梅雨の長雨に冷や冷やしながら(このカラーはあんまり水は要らないらしいので)成長を見てきて、ようやく花が咲いてくれました。
花が咲いた状態で買ってくるのも良いですが、球根から育てるとまた格別に嬉しいですねー!

この猛暑の中でも長々と花を咲かせ続けてくれてます。
てかこの花の場合、終わり時がよく分からない…(^_^;)
萎れるまでこのまま咲かせ続けていいんだろうかー…と迷いながらほったらかしで様子を見てます。
ちょっと水遣りをさぼるとぐでーんと花が横に倒れますが、水を上げるとすぐに復活。丈夫です(*^―^)b
タグ:ベランダ
posted by えびす at 20:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

遅ればせながらベランダの遮光対策


P1050153.JPG

さすがにそろそろ付けなきゃまずかろうという訳で、遮光&遮熱シートなるものを吊り下げてみました。
見た目はアレですけどね。もうそんなこと言っていられないぐらいベランダが灼熱地獄なんだもの(>д<)

どんな遮光シートにするかあちらこちらのブログやサイトを参考にしながら散々悩んだ挙句、45%遮光&遮熱のランネットというのを張ってみました。
本来はラン栽培で使うネットみたい。
何となくランと多肉なら同じような感じでいけるんじゃないかと思ったのでこれに決定〜。←アバウトすぎる選択基準(笑)
黒色もあったけど、遮熱もしてほしかったので銀色にしてみました(*^_^*)


P1050155.JPG

けっこう大き目のマス目ですね。
見ようによっては市松模様で可愛い……かも?そんな理由でなぜか親には好評ww
ベランダの外の窓の出っ張りに、無理矢理でっかいマグネットクリップ(100円ショップ)でバチコン!と挟んでいるだけという簡易設置ながら、なんとか日陰を作り出してくれてます。

遮光シートってネットで探すと60%だの80%だの遮光率が高いシートが多かったんだけど、あんまり薄暗くなっちゃうのもまずいかと思って45%にしたんだけど……。
…夏の日差しの強さを舐めてた。シート下でも日差しもまだかなり強く差し込んでます。そしてベランダもまだまだ熱すぎるよ(ToT)
なにせ遮光シートを取り付けるのは初めてなので、どれぐらいの遮光率がいいのか分からなくて45%にしてみたんだけど、これならもうちょっと遮光率高くても良かったのかなぁ…。

多少なりとも暑さは緩和されているみたいだけど、果たしてこれで猛暑を乗り切れるのか。ちょっと心配です。
今年はこれで様子を見て、駄目そうだったら来年はもう少し遮光率を上げてみたいと思います。


P1050156.JPG

今のところは元気なベランダ多肉たち。水遣りは雨のみだけど、この暑さの中ぐったりすることもなく変わらないです。本当に多肉は丈夫だねー!




posted by えびす at 20:49| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

『借りぐらしのアリエッティ』


ジブリの新作ということで早速観てきました(*^□^*)
面白かったです。こじんまりとした世界の素敵なお話でした。

小人たちから見た人間世界のスケール感とかはすごく良く出ていてワクワクしました。
単に物の大きさの違いだけでなく、音とか地鳴りとかで小人世界からみた人間世界を演出していて、「おぉ!」という感じでしたね。
前半の「借り」のシーンなんてすっごい面白かったです。
お父さんかっこいい!!
ああやって小人たちが家の中を出入りしていたら…と考えると楽しいです。
映画を観ていた子供たちの中にも、角砂糖とかティッシュとかをわざと取りやすい場所に置く子が出てきそう♪

小人の家の中は切手が絵画のように飾ってあったり、人間の道具が家具のようにレイアウトしてあったりして可愛かった!
家の中のインテリアは見逃しているところがいっぱいありそうでそこは悔しいですねー。
あとジブリお得意の自然の描写もさすがでした。緑が本当に生き生きとしていました。
音楽も民族調で素敵でしたよー。

今回の主人公のアリエッティはかなり好きかも。特殊な能力があるわけでもなく普通の女の子(小人だけどww)なんですが、そこが良いんです。
14歳(だったかな)らしい大人びたところと子供っぽいところが上手くちゃんと混ざっていた好感の持てる女の子でしたv

反面、人間の行動がちょっと唐突に感じたりして、もう少しそこら辺を掘り下げて欲しかったかなー。
ネタバレなので反転→(少年が台所をプレゼントするシーンも、随分と乱暴に感じました。善意の押し付けする幼い子供みたいな行動だなぁ…と。あと唐突にアリエッティに向かって「滅びゆく種族」の話をし始めたり。かなり大人びた少年だけにちょっと違和感が。病気の不安からなのかなとは思いましたが、それにしてもちょっと話が唐突すぎたような…気がしちゃいました。
家政婦の行動ももう少し理由付けが欲しかったかな。少年に隠れて捕まえてまでどうしたかったのかとか。普通だと真っ先に少年に見せそうなのに何で隠しちゃうんだろうと思いました。



この『アリエッティ』、面白いか面白くないかで言ったら面白いんですが、十分楽しめたんですが、なんだかやや消化不良気味で…。うーん何でなんだろう…。
何がいけないというわけではないんですが、お話が落ち着きすぎたのかな。個人的にはもう少し盛り上がりも欲しかったかも…。一緒に観ていた母は途中で寝てるしね(笑)
”ジブリ”ということで、ついついこちらの採点も厳しくなっちゃっているだけなんですけどね(^_^;)

最近のジブリも悪くはないんですが、壮大な世界観だった『ナウシカ』や、起承転結のはっきりした『ラピュタ』のような、見終わった後すっきりと「すごかったーー!」というような映画もまた観たいかな。

でもジブリ映画はやっぱり大好きで、どれも楽しく観ているのでこれからもまた楽しみにしています!

タグ:映画
posted by えびす at 20:18| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

徒長祭り大開催中


夏になり、太陽の角度が高くなり、そして冬にはしっかりと日があたっていた多肉棚にささやかにしか日が差さなくなり…

たっくさんの多肉がしっかり徒長してしまいましたー(ノ△T)


『白牡丹』がみょーーん。

P1050137.JPG

『千代田の松』もみょーーーん。

P1050138.JPG

『プロリフェラ』も夏前の引き締まった姿が見る影も無く…。

P1050145.JPG

遮光に強いと思っていたハオルチアもこの始末。これは『チャイナドレス』。
見事に真ん中が伸び上がっちゃって、まぁ。

P1050150.JPG

夏の蒸れが天敵かと思っていた多肉栽培、太陽の角度という意外な伏兵がおりました…あぁぁ…がっくり↓
せっかく何とか今まで姿崩れずにきていたのにーーー(/ω\)
写真で撮りきれないほど沢山の多肉が徒長しまくってます。
凹むわー。


あちこちで徒長祭りが始まってしまった中、なんとか頑張ってくれてるのもおります。

『シルバースター』はなんとか形を保ってくれてます。よしよし♪

P1050147.JPG

『ラウィー』は優秀!エケだから真っ先にダメかと覚悟していたのに。
ってかいい加減値札を取ってやれww

P1050146.JPG


徒長しまくっている多肉たちをなんとかしたいものの、外には置くスペースが殆どないので少ししか出せないし、このまま室内の日照不足の中で様子を見るしかなさそうです。
あぁ、広くて採光の良いベランダが欲しい〜〜〜!!

仕立て直しってしたことないんだけど、冬になったらできるかなぁ…。
水遣り回数を減らして少しでも徒長を食い止めたいところです。
タグ:多肉
posted by えびす at 21:30| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

くまくま熊童子


関東梅雨明けしましたね。
明けた途端のこの暑さ。連休初日ですが溶けかかっていました。
暑い〜暑い〜。
でも明日からは更に暑くなるらしい…(>д<)ヒィ!


P1050028.JPG

多肉にハマるきっかけとなったのがこの『熊童子』
確かテレビで紹介されていたのを見たんだったか…。”小熊の手を向かい合わせたような可愛い葉っぱ”なフレーズに画面に見入ってしまった覚えがあります。
なんて可愛い植物なんだ!と。
もう一目惚れ。速攻メモったよ。

で、通販で探して小さいミニミニ苗で買いました。今思うと本当に小さい苗だった。ひょろんと細くって小さい葉が3つぐらいしか付いてなかったもの。
よくここまで(ってほど大きくないですが)葉を増やしてくれました(*≧艸≦)
多肉に何の知識もない頃だったんですが、適当に落ちた葉を挿してみたら増えたりしたので、適当すぎる育て方が良かったのかなー。

もっともっとたくさん大きく増やしたい気は満々にあるのですが、かなりのんびりさんな成長ぶりなので、いつまでも小振りなまんま。
その分徒長もしないので安心ですが。

それと後から知ったんですが、『熊童子』の葉挿しって成功率低いんですね。何も知らない最初の頃、それでポコッと増えたのでいけるかと思ってたけど、それ以来は葉挿しは成功した試しがございません〜。
茎をちょん切って増やしてみたい気もあるんですが失敗が恐くてなかなかできないよ(; ̄▽ ̄)

P1050029.JPG

とにかく愛しい愛しい『熊童子』なのであります。
いつみてもプックプクだ!




P1050033.JPG

そしてこちらは全くプクプクになってくれない『熊童子錦 白斑』
今年の新年のボロ市で買ったものです。
小熊の手というよりは、なんというか手袋みたいな薄っぺらさですな。
色合いはすごく好きなだけにちょっとそこが残念。

P1050034.JPG

アップ。あら、ちょいと傷がある…。

本当にもう少し肥やしたい。丸っこくパツプクにしたい。水遣っても膨らまないんですよねー。
そういうタイプなんだと諦めるしかないのかしら。
タグ:多肉
posted by えびす at 20:20| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

ベランダのゼラニウム


先週後半から夏風邪を引いてしまいダウンしてました。
病院に行くのが遅くなってしまいこじらせてしまったという自業自得。
あれですね、もう気合で治す!とかいう歳じゃないですね。寝てたら治るってーとか最初言ってたんですが無理でした(笑)
熱はすっかり下がったんですが、胃にきてます。あんまり食べてないのに何故か全体的にはふっくらツヤツヤぱつんぱつん。多分むくんで膨れてるだけなんですけどね、いつもよりやたら健康そうに見えるのには困ったもんだww


P1040148.jpg

そんなこんなで今日の写真。
アロマキャンドルです。たまーに使います。ゼラニウムの香り(。-∀-) ニヒ♪
気に入った香りをただ選んだだけなのですが、ゼラニウムって精神向上作用があるらしいですね。時々下降気味になってしまう私にはちょうど良かったみたい。


P1050071.JPG

P1050074.JPG

でこちらが本物のゼラニウム。アイビーゼラニウム『アークティックレッド』です。

香りタイプではないので、普通の特徴的な(私も実はちょっと苦手)あのゼラニウムの香りです。
春に室内からベランダに出してからあんまり動きがなくて心配していたけど、初夏になってようやくようやく蕾がたくさん付いてきました!
まだまだ写真に撮るほどたくさん咲いている訳じゃないんですが、それでも嬉しかったのでつい撮っちゃいましたーvvv
写真は6月の頃のです。すっかり忘れて記事にしそびれてたよ(; ̄▽ ̄)

あとはもう少し挿し木をして増やしてゴージャスに仕立てたいな。
あ、挿し木も簡単みたいで、適当に切って適当にぶっ挿してるだけなんですが、今のところ全部根付いてくれているみたいです。
簡単で丈夫で、害虫も付かないし、育てやすいですね!

posted by えびす at 20:46| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

『ハングオーバー!』


正式タイトルは『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』です。長いよ(笑)


くだらないんですが面白かった!
アメリカンコメディ映画ってあまりにバカバカしすぎて今までは敬遠していたんですが、これは楽しめました。
宣伝文句にあるような「爆笑」とまではいかないんですが、始終「くすくす」しながら観れる映画です。


話は結婚式を迎える男とその親友2人、更には義理の弟になる男の計4人でラスベガスに行くところから始まります。日本ではなじみが薄いんですが「独身パーティー」ってやつですね。
で、ホテルの屋上で乾杯して……そのまま翌日の朝へ。
目が冷めると部屋は酷い状態、ニワトリに虎(本物!)がなぜか部屋にいるわ、赤ちゃんまでいるわ、
そして結婚式を迎える男の姿がこれまたなぜか無い。
残された3人全員の記憶が全くないので、なにがあったのかも分からない。
とりあえず式に間に合うように、いなくなった男を捜さねばならない。


…とまぁこういうお話です。
ハングオーバー=二日酔い の話なんですが、
肝心の飲んで騒いでるシーンは出てきません。飲むぞー!→二日酔いの朝と飛んでいますので、観ている観客もいったい何があったのか分からないようになっています。


もっと意味のないドタバタ映画かと思っていたら、意外とストーリーも最後の最後のオチまでしっかりしていました。この映画の評判が割と良いというのもうなずける。
ちょっと下ネタが多いですけどね(笑)
そういうのは苦手〜って人にはおすすめできないかも。


あと英語が分かる人なら笑えるシーンなのかな?というところが幾つかありました。
日本語字幕を見ている限りでは分からなかったので、言葉遊びみたいな感じだったのかな。
そこは残念だったなー。

タグ:映画
posted by えびす at 20:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

『フローズン・リバー』


ニューヨーク州とカナダの国境にある川を舞台に、多額の報酬と引き換えに、不法入国者を手助けする白人女性とモホーク族女性の運命を描くドラマ。
夫に新居購入費用を持ち逃げされた妻のレイ(メリッサ・レオ)は、支払期日までに金を工面するため、移民をカナダ側で車のトランクに積み、セント・ローレンス川を越えアメリカ側に不法入国させる闇の仕事に手を染める。レイはモホーク族のライラ(ミスティ・アパーム)と手を組み、国境越えを何度も成功させるが……。(yahoo!映画より)



ネタバレ?含むので少し下げます






実話が元になったという映画です。
生活のために仕方なく犯罪に手を染めていくという内容なので、破滅へと落ちていく暗い内容を覚悟していたのですが、意外と後味の良い爽やかさの残る映画になっていました。

こういう映画って「女同士の友情ドラマ」になりがちですが、これは安易な友情ドラマではありませんでした。
白人女性のレイとモホーク族のライラの2人とも「母親」という共通の立場ながら、あくまで「ビジネスパートナー」という姿勢を崩しません。母親同士で共感はしていても友情はない、友情を感じていたとしてもかなり控え目、そういう関係です。それがとても真実味がありました。
まただからこそ、最後のセリフ「友達よ」に深い感動が出てきます。


あと印象的だったのが、全く「夫」が姿を見せないこと。片方は蒸発し片方は死亡しているのですが、写真すら出てきません。会話の中でのみの登場というところに、「母親」というテーマの意図のようなものを感じました。


レイの長男のTJも良かった。優しくて家族想い。見た目も素朴な感じなんですがそれがまた良かったなぁ。彼も悪いことをしてしまうのですが、家族の為というのが泣かせます。
仕方なく犯罪に手を染めながらも頑張るレイとTJを見ていると「おのれ父親めー!!!」って気持ちになってきます(笑)
それでもお父さんが好きなんですよねー彼は。
レイと泣きながら抱き合うシーンでは涙が出てきちゃいましたよ。


それにしてもニューヨーク=大都会なイメージしかなかった私にとって、ニューヨーク州ってカナダと接するほど長いということにビックリしました。でっかいんだね!
あと恥ずかしながら保留地という存在を全く知らなかったのでそれにも驚きました。
しかもものすごい氷点下だし!
そんな気候の厳しい地域もある州だったんですねー。


良い映画でした。これはけっこうおススメです。
タグ:映画
posted by えびす at 20:46| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。