2010年04月24日

『アリス・イン・ワンダーランド』


これはとっても楽しみにしてました!
原作は小さい頃に読んだきり(しかも難しかった覚えが…)で、細かいところはかなりうろ覚えだったんですが、キャラクターは分かるし、私みたいな疎い人でも大丈夫だろうと観に行ってきました。

『アバター』の時は3D吹き替え版だったんですが、本来は字幕派なので今回は3D字幕版に。
最初は字幕と映像のそれぞれに焦点が合い難くてちょっと困りましたが、観ているうちに自然と慣れました(*^ー^)ノ
映画後は目に力が入りすぎていたのか、目がしぱしぱしちゃったけど。


ミア・ワシコウスカが演じた大人のアリス、すごくイメージ通りでした。
毒々しさ一歩手前な鮮やかな色彩をふんだんに使った世界に、次々と出てくるキャラクターに、そして奇抜で素敵な衣装や小物にと、あっという間の2時間でした。
ストーリーもファンタジーらしく王道な展開で分かりやすかったです。
観た人によってはもしかして「退屈…」という感想を抱いた人もいるかもしれませんが、私は変に複雑なストーリーになっていなくて逆に良かったと感じました。
まぁ、ラストのアリスが色々な人に一言ずつアドバイスするシーンはちょっといきなりすぎて、取って付けた感がありましたけど…(笑)

次から次へと出てくるお馴染みのキャラクターも、ちゃんと原作の雰囲気そのままにダークな部分もたっぷりで、可愛すぎなかったのがとても好感もてました。
これでアニメのような可愛い動物ばっかりだったらがっかりだったところです。
なかでもチェシャ猫と赤の女王がとってもお気に入りです♪
チェシャ猫がダンディーすぎるwそして良いとこどりすぎるww
赤の女王もなんか憎みきれないんですよねー。
最後にはあの濃い化粧とでっかい頭が可愛くみえてきました(笑)
そして白の女王の赤黒い口が怖かったと感じたのは私だけかしら…写真だとそうでもないんですけどねぇ(; ̄▽ ̄)


一応原作をまーーったく知らない人でも楽しめる内容にはなっていますが、やはりこれはある程度知っていたほうが楽しめると思います。
登場の仕方やちょっとしたシーンも原作になぞらえている13年後の“アリス”ですので。
チェシャ猫ってなに?赤の女王ってなに?というような全く知らない人だとそういった面白さが半減しちゃうかなぁと思います。



…でもあちこちの映画感想をちらりと読んだら、けっこう低評価みたいですね…(T_T)
個人的には原作をなぞらえたストーリー展開が「そうそうこうだった!」って感じで面白かったんですが…。

posted by えびす at 21:50| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。