2010年02月28日

『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』

昨日は友人HU嬢と映画に行ってきました。お茶して午後の回を観て夕食なばっちりデートコースですw
また行こうね〜>HU(*^_^*)


『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』

カラヴァッジョがローマに出てきたから成功し、その後の波乱万丈な人生を丁寧に描いてました。
カラヴァッジョの芸術にかける情熱がすごかったです。
特に死罪になる罪人を凝視するくだりは鬼気迫るものがありました。
映画タイトルの『光と影』も、絵画としての光と影と、人生としての光と影という2つの意味が重なっています。

自分の芸術知識が、映画に本当にちょっと出てくる有名な画家を観て「あ、この名前聞いたことある」なレベルなので、恥ずかしながら作中のカラヴァッジョの作品を観て初めて「こういう絵を描いた人なんだ」でした。イタリアではお札にまでなった有名な画家なんですねー(まだリラ時代のお札だったようです)

絵画のこと、当時の政治情勢とかも知っていると尚面白いと思います。作中でフランスとスペインがローマで派閥を作っているような背景が出てくるのですが、そこら辺の知識もさっぱり…(; ̄▽ ̄)
あ、でも知らなくてもストーリーは分かりますし、充分楽しめます!

映画の映像も陰影が効いていて、作中に出てくるカラヴァッジョの作品をみたいですごく好みの色彩でした。



ちょっとネタばれ
タグ:映画
posted by えびす at 18:17| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。